松本晃彦 / Akihiko Matsumoto

Tokyo born Akihiko Matsumoto is a 2­ time Academy Award winning, renowned music composer. Currently he holds the record for the 4th highest ranking of all movie soundtrack sales throughout Japan’s history.

Akihiko started his career as a music producer in 1987. Since then, he has proven to be as popular as he is prolific, contributing to over 1,500 songs, 13 films and 11 television drama series.

In a career that has moved from highpoint to highpoint, 1998 particularly stands out. Akihiko won Japan’s Academy Award for his participation in Asia’s box office smash, “Bayside Shakedown."

Further cementing his stellar reputation as Japan’s most distinguished and successful composer, he was commissioned to work as music director for the series, “Resident Evil," PlayStation 2's most well­ known video game worldwide.

In 2009, he composed music for the Warner Brothers Japan movies, “GOEMON” and “Summer Wars." Directed by upcoming animation director Mamoru Hosoda, won over 20 awards in Japan and overseas. It was one of the 15 animated films that were finalists for the Academy Award nominations.

In 2010, Brazilian up­ and ­coming director Vicente Amorim invited Akihiko to compose the music for his latest film “Dirty Hearts." This poignant, thought ­provoking film is based on the true story of what took place among the Japanese community in post WWII Brazil. Among the film’s many accolades, Akihiko’s music score was highly praised at Montreal International Film Festival and Rio Film Festival in 2011. It also received a nomination for the Cinema Brazil Grand Prize.

With a successful career in Japan well­ established, Akihiko is now taking on Hollywood projects to broaden his craft and influence. His first American work “Flay” comes out in late 2015.

2月14日生まれ。東京都出身。
叔父に勲四等のサックス奏者、故松本英彦。
早稲田大学在学中に、かの香織、元PINKの岡野ハジメ、渋谷ヒデヒロと「ショコラータ」を結成。

戦後を代表するSax奏者で勲四等叙勲の故松本英彦は叔父。

アーティストのプロデュースとしては、87年に吉川晃司「終わらないSUNSET」がオリコン1位を獲得したのをきっかけにサザンオールスターズ、中森明菜、久宝留理子、KAN、THE YELLOW MONKEY、鈴木雅之、福山雅治、CHAGE and ASKAなど、現在までに日本の音楽シーンに1,500曲余りを提供してきた。


ステージサポートとしてはEPO、松任谷由実、ASKAなどのコンサートにキーボード奏者として参加。


映像作曲家として「踊る大捜査線」シリーズ「リターナー」「非婚家族」「愛の流刑地」「ブラック・ジャック」「GOEMON」「サマーウォーズ」など様々な映画・ドラマの音楽を担当。第22回、第27回日本アカデミー賞映画音楽部門優秀賞を2度受賞。


世界的ヒットを生んだテレビゲーム「バイオハザード」シリーズ「アウトブレイク04」のメインテーマも作曲。

細田守監督のアニメーション映画「サマーウォーズ」の音楽を担当、アメリカアカデミー賞を始めとする多くの国際映画際で絶賛され、国内だけでなく世界中で愛される音楽を生んだ。

2012年7月に公開となったブラジル映画「汚れた心」では、現在最もブラジルで期待されている奇才、ヴィセンテ・アモリン監督から指名を受け音楽を担当した。同作品はモントリオール国際映画祭の正式出品作品としても選ばれ、高い評価を得た。

最近では海外からのオファーも多く、積極的に活動の場を広げている。

たえず時代を代表するエンターテイメント性の高い音楽を追求する、日本を代表する音楽家の一人である。
MATSUMOTO AKIHITO ALL RIGHTS RESERVED.